卵料理 電子レンジ de 簡単レシピ

洋風茶碗蒸し

和風のだし汁の代わりに、牛乳と濃いめのコンソメで作ります。

一風変わったおもてなしになります。

★ポイント!
電子レンジで加熱したあとの余熱を利用することで、調理時間が大幅に短縮できます。加熱時間をあえて少なくし、余熱によって火を通す方法は、デリケートな卵料理にぴったりです。茶碗蒸しでは一気に加熱するのではなく、何度かに分けて状態を確認しながら熱を加えることで、すが入るのを防ぎます。コツはアルミ箔をうまく利用することです。
アルミホイルが電子レンジの扉に触れるとスパーク(火花)の原因になり危険です。注意してかぶせます。


◆材料(2人分)
・卵・・・1個
・濃いめのスープストック・・・カップ1/2
(固形スープの素1個をとく)
・ロースハム・・・2枚
・生しいたけ・・・2枚
・牛乳・・・カップ1/2
・塩・・・小さじ1/3
・コショウ・・・少々
・セロリまたはみつば・・・少々

◆つくり方
1.小型のキャセロールまたは蒸し茶碗の内側にバターを少々塗っておきます。
2.生しいたけは石づきをとって薄切りにします。
3.ハムは4つ切りにします。
4.牛乳とスープストック、塩、コショウを混ぜ合わせ、卵を割りいれます。
★コツ!
あわ立てないようにして徐々に卵をほぐし入れ、いったんこします。

5.1の器に生しいたけとハムを入れ、4の卵スープをそっと流し入れます。

6.熱の通りすぎで、すが立たないようにアルミ箔をかぶせて、2分加熱します。いったん取り出し、ふたをとって中の状態を確認し、再びホイルをかけて1分30分加熱します。もう一度中を確認して、状態に合わせて30秒〜1分追加で加熱します。そのままアルミ箔を取らずに余熱で火を通します。

いただくときにミツバをのせます。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

スピナッチ・エッグ ほうれん草の巣篭もり卵

朝に忙しいときに大助かりの栄養満点メニューです。

ホウレン草はまとめてレンジで加熱し、小分けして冷蔵しておくと、使いたいときに使いたい分量だけを使えて便利ですね。

★ポイント!
ゆで野菜は電子レンジのお得意です。お好みの量を短時間で、色よく仕上げることができます。ゆで汁にうま味や栄養が逃げることもありません。水洗いしたホウレン草を、水気を切らずにラップに包むことで、熱の通りを均一にし、加熱むらを防ぎます。
卵は電子レンジで爆発してしまう! といわれますが、卵の黄身の膜に穴をあければ大丈夫! 卵は半熟がおいしいので、卵料理にはラップをする、と覚えておくと良いですね。ちょっとした下準備が電子レンジ料理をより便利においしくします。

スピナッチ・エッグ ほうれん草の巣篭もり卵

◆材料(2人分)
・ホウレン草・・・160g
・卵・・・2個
・おろしチーズ・・・大さじ2
・バター・・・少々
・塩、コショウ・・・適宜

◆つくり方
1.ホウレン草は水洗いし、根元の太いところに十文字に切り込みを入れます。水気を切らずに根元と葉先が交互になるようにして重ね、ラップできっちりと包みます。

2.電子レンジで2分30秒加熱し、すぐに冷水にとって水気を絞り、根の固い部分を除いて4〜5センチの長さに切ります。

3.一人前ずつのお皿に2のホウレン草しき、バターをところどころ置いて、塩、コショウをし、卵を落とします。チーズをふってラップをし、電子レンジで1分半加熱します。
★コツ!
卵が破裂しないよう、黄身の膜に穴をあけておきます。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

五目卵

具たくさんの卵焼きです。

中に入れる野菜もいっしょに電子レンジで加熱してしまうので、まったくの手間なしです。こげつく心配もありませんし、型に入れて作るので、形もきれい!冷めてもおいしいのでお弁当にぴったりでしょう。

★ポイント!
豆腐の水切りも電子レンジですれば短時間で簡単にできてしまいます。やり方をマスターし、いろいろな料理で応用しましょう。
卵料理は、ふんわりと仕上げたいのでラップを忘れずに!一度に加熱するのではなく、途中、様子を見ながら全体をかき混ぜ加熱むらを防ぎます。足りないくらいの加熱にし、余熱で仕上げるつもりで。

◆材料(4人分)
・卵・・・4個
・豆腐・・・1丁
・ニンジン・・・50g(小1/2本)
・にら・・・1/2把
・干ししいたけ・・・2枚
・桜エビ・・・大さじ4
・酒・・・大さじ1(桜エビをもどすため)
・塩・・・小さじ1/2
・砂糖・・・大さじ1

◆つくり方
1.桜エビに酒をふりかけておきます。
2.干ししいたけは水につけてもどし、千切りにします。ニンジンは2センチの長さの千切りにします。にらは粗くみじんにします。
3.豆腐は水気を切って電子レンジで3分加熱します。清潔な布巾に包んで豆腐をほぐし、水気を絞ります。
4.卵をボウルに入れてときほぐし、桜エビ、干ししいたけ、ニンジン、にら、崩した豆腐を加えて混ぜ合わせ、塩、砂糖、しょうゆで味を調えます。
5.電子レンジ用の四角い容器(お弁当箱が良いでしょう)に4を入れて平らにし、ラップでおおい、約3分加熱します。
6.一度取り出して全体を混ぜ、再度ラップをして電子レンジで約2〜2分30秒追加加熱します。
7.型から出して切り分け、いただきます。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。