里芋の含め煮 電子レンジ de 簡単レシピ

里芋の含め煮

おふくろの味、里芋の煮物も電子レンジなら簡単にできます。

手がかゆくなることから敬遠しがちな里芋も皮むきも加熱することで防げます。加熱したあと煮汁にしばらくつけておくことでじんわりと味がしみこみ、よりいっそうおいしくなります。

★ポイント!
通常、煮物は水分が飛ばないようにラップをかけて電子レンジにかけますが、里芋は例外!ふきこぼれやすいのでラップなしで加熱します。加熱むらを防ぐために、途中で上下を引っくり返し、内側と外側の位置も入れ替えます。これは、電子レンジが下から、また外側から熱が加わっていく性質をもつためです。途中で位置を入れ替えることで加熱むらを防ぎます。ちょっとひと手間加えることでおいしく仕上がります。

里芋の含め煮

◆材料(2人分)
・里芋・・・150g
〈調味料A〉
・熱湯・・・1/4カップ
・しょうゆ・・・小さじ1
・砂糖・・・大さじ1
・塩・・・少々
・顆粒だし・・・少々

・柚子の皮・・・少々


◆つくり方
1.里芋はよく水洗いして、ぬれたままラップをして電子レンジで約1分加熱します。熱いうちに皮をむきます。
★コツ!
加熱すると手がかゆくなりません。

2.里芋がちょうど入るくらいの電子レンジ容器に、〈調味料A〉を加え、ラップなしで約3分加熱します。
★コツ!
里芋はふきこぼれやすいので、煮物の例外として、ラップをしません。

3.里芋の上下を引っくり返し、また外側と内側の位置も入れ替えてから、さらにラップなしで約1〜2分加熱します。そのままさまし、味を含ませます。
★コツ! 
上下を引っくり返し、位置を入れ替えることで加熱むらを無くします。

4.器に盛り、柚子の皮の千切りを散らして召し上がれ!

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92819396
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。